Press "Enter" to skip to content

インテリアに溶け込むことができる色合いやトーンのもので

建築物荷重指針では日降水量と日平均気温資料に基づく地上積雪重量の算定方法も示されてい

家を売って田舎へ引っ込む、家を買ってたとえば、若き建築家·増沢洵の自邸「一九五二年」などを見ていると、玄関らしき場所がなく、どこから入ればいいのかわからない「図18」。訪ねた人はさぞかし困ったのでは、と思う。戦後にスター建築家としてその名を馳せた清家清も、一九五四「昭和二九」年に自邸を構えた。清家も自邸の設計に当たって玄関を排除し、さらには、自らの求めた住まい方を実践すべく伝統的な履き替えの住まい方そのものも捨て去った「図19」。室内の床に鉄平石を敷き、靴のまま出入りする住宅を考えたからである。家賃で貸すことができ部屋生活を実現するためには

耐震性が低いということになり場合は

施工会社に見積りを依頼する際の注意事項や条件をまとめ

それは、清家の言葉を借りれば「庭から室内、室内から庭ので靴をいちいち脱いだり履いたりしていては、庭と室内を一体に運営できない」ためだという。しかし、実際の生活を始めると、室内がよごれ、奥様からクレームが相次ぎ、履き替える場に戻したという。清家が靴のままの生活を取り入れたのは、ハダシで室内と庭を行き来できることを望んだからであったが、やはり、客に室内と庭を行き来できる生活は理解してもらえなかったようだ。それは、他人が訪れたりすると、出入口としての玄関が必要であったことや、清家が住まいは家族のものだけではなく他人が介在する場でもあることを認識していたからこそ、そうした試みを放棄したことがうかがえる出来事でもある。玄関は気持ちの表現の場だこの清家邸に象徴されるように、靴を脱いで生活するという生活様式は今日においても変わることはない。

間取りが解らない理想の

ね「苦笑」「次世代省エネルギー基準」です。が、個人的にはその目標は温室効果ガスの削減という国家的な目標のために定められたどうでも良いと思っています。エコハウスを推進している工務店の方には悪いです。が、エコと言うなら陽当たりの良いマンションの中部屋に住んだ方がよっぽど光熱費を使いません。中古マンションを購入すれば建設時にCO2も発生しないわけです。から、よっぽどエコなわけです。

建売住宅も注文

強いて言うならば「家づくり」という環境に負荷を与えることをするのだから、せめてエコハウスにすべき、なのかもしれません。私も含めて建築関係者にはそのような意識が必要だと思います。ということ施主にとって重要なのは、建築業界で使われる偽善的な「エコ」なんて言葉ではなく、快適性や健康、そしてランニングコストの削減です。そのための最低限のスペックとして、「次世代省エネルギー基準」があります。現在は、変わり、2020年には全ての住宅で断熱が義務付けられることになっています。
マンションでも

家の造り方だということは指摘しておくに越したことはないと思うの

思えばもったいないことをしました。けれども、いままた、古い家の資材を求めている人々も増えてきている。私も、静かな人気のないところでぜひ古い家に住みたいという気持ちが強い。でも、実際は、どうやってそれを見つけ、どこへ行ってその古い家や部材を手に入れるのか、そういう流通や情報の発信受信がまだまだシステムとして十全には確立していまそのいっぽうで、膨大な数の古家が、ただもう立ち腐れるに任されている、それを考えると、われわれ日本せつしやくわん人はなんという無駄をしているのだろうと、切歯扼腕の思いに駆られます。だから、古い家を、もっとシステマティックに再利用できるような制度や方法を構築していくべきだ、がこの二十一世紀という時代なのではないかと思っています。

家具たとえば

それもっとも、「田舎暮らしの本」などという雑誌もあるくらいです。から、もちろん片隅では既に行っている人たちもいることはいます。しかし、まだ供給としては、本当にわずかなものです。実際には立ち腐れていく家のほうがはるかに多い。立ち腐れた家は、復元するのはなかなかむずかしいので、立ち腐れる前に、古い^^ティークな部材として、再利用するためのシステムを、すぐにでも考えていく必要があると思います。