Press "Enter" to skip to content

住宅が定着し

マンションなどだから避けたほうが無難だ

不動産全てにそれを行うことは難しいため
そこで必要になるのが、暖房の良く効く空間。つまり、ここでも高気密·高断熱が、役に立つのです。家の中で快適に過ごせる空間を実現するばかりでなく、めにも、高気密·高断熱が役立ちます。家族間のコミュニケーションを充実させるたもちろんそれだけでなく、リビングやダイニングに大きな吹き抜けを取り、吹き抜けにある窓から昼間の明るい光をふんだんに取り入れ、さらに気持ちの良い空間とすることも可能です。2階の吹き抜け沿いに、子供達が遊ぶためのファミリースペースを設け、1階で家事をしていても、子供達が遊んでいる気配を感じるスペースも実現できます。

工務店さんに移行しており

こうした間取りが実現可能となると、今まで日本で良しとされてきた住宅像が変わってきます。子供には個室を与え、欧米のように独立心を養う事が良いと、多くの方が信じています。弊社で間取りの打ち合わせをするときも、多くの方が最初に子供部屋を要望されます。しかし、昔の日本はそうではなかったはずです。私が育った実家もそうでしたが、古い日本家屋には個室などありませんでした。

 

耐震性が不足している

こからは女性専用バス?」と思って不安になりました。突然、運転手がなにか合図の声を出したかと思うと、バスを降りた男たちが、ギリシャ語で「せーのー」と乗合バスには、たまたま、同じ時間に偶然乗り合わせた人たちが乗っています。運転手もいます。が、客も乗っているだけではなく、客の力が必要な時もあります。弱い人に対してやさしさを発揮しなければならない時もあるでしょう。分譲マンションの大規模修繕工事を手掛けるときも、「力を合わせる」ことと、「弱者を助ける」ことが大事だと思いませんか?

マンションの裏側に車いす用のスロープを設けることを提案しました
「同じマンション現場で働く」こともそうです。が、何より「マンションというもの自体が共有とケア精神」で成り立っているのです。場を共有することと、お互いにいたわりの優しさを持つということです。安全大会では、関係者が「安全管理」と「安心できる仕事環境」を目指して集まります。同じ仕事を共有しているという「共有意識」とお互いに気遣いをする「いたわり精神」をぜひ現場ごとに定着させていただきたく思います。

 

インテリアや好きなものの写

そして若い人が活動しているのはいいことだと応援してくれた。また日本のアニメが好きだという。駅の近くには日本の漫画を売る専門店もあった。改めて日本のサブカルチャーの影響力を思い知らされた。クンストハル-ロッテルダム「オランダ」アムステルダムからロッテルダムへは、鉄道で1時間程度。

家を建てたあとのメンテナンスも忘れないように心がける電気を使わない工法を選ぶようにする

高齢者の住宅なのに、過激すぎて不安にならないかと余計な心配をしたくなるが、人工的な風景が当たり前のオランダではあまり違和感がない。mvrdvは六〇年代生まれの若手なのに、ハノーバー万博でオランダ館を設計したり、都市計画も手がけているように、国家が新しい才能を応援している。それは国が元気な証拠だ。日本でも見習ってほしいと思う。このときは、日本とオランダ交流四00周年を記念したイベントのひとつ、ロッテルダムの建築博物館「NAI」で開催された日本の現代建築展のシンポジウムでレクチャーを行うために、アムステルダムを経由した。招待だったので、初めて飛行機のビジネス·クラスも体験した。たまたま宿泊した駅前のホテルのフロントのアジア人がそうした事情に興味を示し、夕食を一緒にする機会があった。