先生に教えられたというこの言葉をすべて

子どもがいけないことをしてい

コンビニに夜遅くまでたむろしているとか、メール、親のいらいら声が反発をさそう、という形にならないように、落ちついた態度で、たとえ当人が聞かなくても、長くなりすぎるからやめなさいとかと言うべき大切なことは言っておいてやることです。
たとえその場で聞かなくとも、です。
睡眠時間をおぎなうために、休日は寝たいだけ寝かせてやるのも悪くないと思います昼間はカーテンを開いて明るく、夜は照明の光を明るくしすぎないで暗さを自然に保つ。
勉強についてもただ

子どもは必ず親を大切にします。
子どもは必ず親を大切にします。
子どもが親を締め出す
子どもが親を締め出す


子どもを信じ信頼していれば

大学は慶應それも一緒です。

小さい時からの親の習性が、家の習性になり、子どもは家にそまって大きくなるのですか何度も書きますが、どんなことでもとにかく、やいやい何度も言わないこと、その代わりに言うべきことはしっかり言うこと。守っても守らなくとも少しでもプラス点を見つけた時は、よかった、よいことだと、プラス評価をしっかり態度や口に出してやること。
「今週、遅くまで起きてたから、学校へ行ってもつまらない授業は自然と睦眠タイムになってたんじゃないの。その分だけその課目、試験の一夜づけが大変だわね。なんとしても、その時その時を乗り切っていく工夫が大事ね。それなりにやってるみたいなのに、自分でも苦々しく思っていることがいろいろありすぎるみたい」

母さんのところ

子どもの年齢に応じて部屋の掃除や整理整頓本人が黙ってるから、気持ちを変えて私もパート、新しくなってから大変なのと親自身のことを話しだす。

今日は久しぶりにカフェオレ作っちゃつた子は黙ったまま手を伸ばして、つかんだコップを口元に。
わー、おいしそうに飲んでる。ありがとう
ぐーと一気に飲んだあと、晃一君は、ふーと息をついて、何か言いたい気になってこう言いました
「うまいよ。母さん。確かに睡眠が足りない習慣は、なんかしらん、やばい。寝られる時にちゃんと寝てなくちゃね」
私、お父さんのほうが心配なの。遅すぎるでしょ。晃一からもうまく言っといて
「家族同士、お互いに声をかけることが大事。よーし、まかせとき、お母さん」
と子に活気がわいています。

なんで勉強するの?
保育園児約百名を対象子供が病気になって

と聞かれた時無神経な思い込み
なんで勉強なんかしなければならないのという問いを、小学生ならまだしも中学生、いや高校生までがいらだちの態度で発しがちです。この問いに一体どれだけの大人が的確に答えられるでしょう。
この問いについて考える前に、まるで無関係に思える例かもしれませんが、述べたいと思います。まあ、ちょっとおつきあいください。
二、三申し一般に、本来の意味を素朴に考えるという習慣が忘れられて、意味のないことが当たり前になってしまい、みんながそれに従うようになっていることがあります。
その一つ。ささいなことですが、トイレットペーパーの先端の三角折り。あれはもともとホテルなどで、どうぞ掃除のしたてですから快くお使いください、というホテル側の清潔保証のサインだったんです。気をきかしたつもりで形だけ真似る。それが正しいマナだとすっかり取り違えている。掃除の担当者以外のひとがどんな手でいじくったのかと思うだに不快でしょう。あとの人のために、切り口をきちんと破っておく、というのが使用者の一般的なマナーでしょうねもう一つ。内々の気づかいが転じたのが、料理屋などで支払いの時に言うお愛想してということば。

母さん信用しないわ

お勘定をお願いしますと言うところをいかにも物慣れた調子でお愛想してと言う。あれは変ですよね。もともとあの場合の愛想は客に気を遣っての隠語とか符丁で、店主が店員にしっかりお支払いをお願いしなさいと露骨に響くのを避けて、お愛想よく失礼にならないように支払っていただきなさいの最初の一語お愛想なんですね。お客からはお勘定をお願いしますでいいわけです。
ついでに、最近気になることをもう一つ。
この頃、喫茶店やレストランでお客から代金を受け取る際、
四五0円ちょうどお預かりしますと言うところが多い。
子どもの考える力を育み


練習をして

子どものポジティブなエネルギー預かったのなら、あとどうしてくれるの?
と、なんだかすっきりしないわけですよおつりが必要な場合のみ、五00円お預かりします
と言い、そして
五〇円のお返しです。
ありがとうございましたなんですねえ。
料金通りのお金を受け取る時は四五0円ちょうどいただきます。ありがとうございましたでいいんですね。お預かりしますちょうどいただきますのことばを区分しないではお客に失礼ですよ問題の核心を捉える以上は、子育てとは関係ない余談なのですが一事が万事。
ことばやマナーへの新鮮な感あえて場違いを恐れず書き足性をつい忘れがちになることへの反省に役立つと思うので、してしまいました。