勃起した時の形をどうするかデザインの打ち合わせをします

セックスには到底かなわない部分があります

ペニスを敏感な状態に保つのです

自由に抑えられるようになれば挿入中でも勃起を抑えられ再び開始するということで快感の蓄積を一度リセットすることができます。挿入したままでも行うことができるようになれば長い時間挿入を楽しむことができます。力を入れ筋肉を収縮させることで脳に神経からの快楽の信号を届きにくくして脳からの射精の命令を遅らせることができる方法です。コツは息を吸い込んで呼吸を止め全身の筋肉を収縮させることです。慣れてくると一度の収縮で勃起を抑え快感をリセットすることができるようになります。

筋肉が特に衰えて筋ボケを起こしているのか各タイプ別に問題点が異なるのです

マスターベーション方法毎回早く射精していると身体が早くイクことが癖になり刺激に対して敏感になり直ぐに射精するという状態になります。マスターベーションは時間をかけてゆっくり行うようにしましょう。オナホやタオル等を利用しマスターベーションをここなう。何度か行うと刺激に鈍感になっていき少しの刺激では射精しないようになります。徐々に刺激の強いものにして射精しそうになったら我慢します。

 

セックスどころではないのです

とすると、人間は、特に男はどうやって性行為を学ぶのでしょうか?AVを教科書にしてセックスを学んでいる…これは大変!ですね。先にも申し上げた通り、AVやエロ本はファンタジー。のですから男にとってセックスとは何。何だと思いますか?おそらく多くの男たちが“セックスとは、勃起ー挿入-射精の行為のこと”と思っていることでしょう。

勃起力は徐々に弱まってきますペニスに映像と同じくらいの刺激を与えてみましょうこの「勃起-挿入-射精」というセックス観に、子どもから大人、おじいちゃんまで多くの男たちが捉われ、人知れず苦しんでいます。これは大問題です。“挿れるのがセックス”という認識。何だかんだいっても挿入、そして射精,そこまでいって終わり。それ以外はセックスではないし、男らしくない。それができなければ男としてダメ…。

セックスする事が出来ていたが段々と
セックスとはいいません

射精しそうになってもこれを行えば自然におさまる

こんなセックスをしていてお互いが幸せだと思いますか?同じベッドにいながら、二人が見ているものは全く違います。片方は必死に相手に向き合って欲しいと願っているのに、一方はただ関係を維持するために体を提供しているだけ。だんだんそんなセックスは虚しいものになっていきます。これは決して私の場合だけではないと思うのです。早漏対策のトレーニングとして最も有名なスタート·アンド·ストップ法とも呼ばれる


射精してしまう事自体は実は特に困る事はありません

そうしている間は外に女を作ることもないだろう。とりあえず、ご主人様が機嫌良く働いて家にお金を入れてくれるためには、要求に応じておこう。そんな感じでセックスに応じていたら、相手へのいたわりなんてありませんよね?。そんなセックスでもやり続けられるのは体力のあるうちだけです。そのうち、男性から求めることも少なくなっていきます。