勉強についてもただ

子どもはやがて自立し社会の中で生きていきます。

さて、本題に戻って
なんで勉強なんかしなければならないのとらという質問です。まずしっかり確認し直すべきは、勉強なるものを子どもらがどう捉えているかです。

くだくだと並べられた知識や解き方を覚え込んで、試験の点数を取ることが勉強
あるぐらいにしか思っていないのではないでしょうか。つまりいやでもさせられることだ.と勉強を字義通り解釈すると、強いて勉むという意味なのですね。強いて勉む勉むことを強制する、つまりおもしろおかしくもないことでも強制的にさせるという意味に解釈するといけません。
ひとに強制されるのでなくて、自己に勉むことを強制する、つまり精を出すこと
んです。要するに、自分自身がその気になってやる気を出すということなのです。
な心に届けるポイントここで最も大切な点を書き落としてはならないと思います。
親の本気さ、誠実それは、子どもが惚れているかどうかということです。
さ、意をそそぐ姿と心に、そういう関係で結ばれている親子であれば、難しいことなんかいらない。
勉強ってなあ。本気で精を出す気になって精を出すことなんだ
親がしみじみと言ったら、子どもはピンと分かると思います。
子どもの考える力を育み

学校はもちろんだがいけない。
学校はもちろんだがいけない。
子どもの心が生き生きして
子どもの心が生き生きして


経験できないイギリス人との生活を英語だけの環境

父親はニコニコ顔で受容してやっている。

親がと書きましたが、事情やら状況やらがいろいろあって、親以外の誰かであるかも知れません。間近に接しているそのひとの生きる姿は、子ども心にもひしと響くものがあるものです。
机に向かって決められたことをするおきまりの勉強だけを勉強というのではない。
一回きりの、たった一つの人生を、ああ充実した一生だったと、充ちた思いで振り返ることができる日のために、精を出す。
それが勉強です学業にまじめに向きあったほうがいいという思いや態度を、親がしっかり示してくれるのだから、それに従おう、理屈ではない、と子どもは悟るのです。
大事なのは、そんなところではありませんか。
率直なところ、私自身も
こんな勉強して、何になるの?

勉強の横にいてやるたび

母さんわりついてきます。と思わずいぶからざるを得ない勉強が、学校ではとても多かったですね。あとになって考えても、あれは要らぬ勉強だったと思うばかり。だのに、人生何事もともすれば、いいこととだめなこととが抱きあわせになっている。大づかみに大事なところをつかんで、あれを気嫌いしなかったおかげで、初志を貫徹し得たんだという、思いがけぬ筋の通し方って、いかに大切なことか、と思います視野を広く、大所をぐっとつかんで、いかに大切なプラス発想を旨とすべきかの選択眼を養う訓練こそ、本当の意味の勉強なのでしょうね。
子どもたちの読書量は極端に少ない。母は天国でいまだに私たち

忘れ物のにがにがしさが原点に

忘れ物をよくする子思い出しますねえ。小学時代。
またしても忘れ物を取りに帰らされる級友がいた。
学校ではいちいち忘れ物を取りに帰らせたりはしないのでしょうああ今日もか
今どき、
それにしても、毎日よう続けて忘れ物をするなあ。またか!て、よく平気でいられるなあ。先生の生徒を怒鳴りつける声は、もう少し忘れないようにしっかり気をつけるわけにいかんのか
となじり倒されて叱られ聞くのさえうっとうしい。
ひとのことならなんとでも思っていられるのですが、それが自分だったらあっ、あの宿題のプリント、持って来ていない。どうして?
とすっかりあわをくう。
そんなことがありますね私のように歳を取れば、いつでもどこでももう今はうっかりのしっぱなしです。だからといって小さいうちから忘れ物の常習をしかたなしだとは思いません。今の私がうっかりしっぱなしとは言っても、仕事の上での公的なことでよそに迷惑をかけるうっかりごとは極力しないという習い性は、まだ壊れてはいないと思っています。

教育も同じだと思います。

·プラス発想が大切忘れ物をして困るという子どもの親がやっている教え方や導き方を見ていると、子どもがますますいや気を起こしてもうどうでもいいやと捨て鉢になるか、言われ慣れてもはや平気になってしまっていて、その傾向をさらに強めるやり方になっていることが、よくありますよくあるのが、うんざり調でこう言ってしまう場合です。

よくまあ繰り返して忘れ物をして平気でいられるわねぇ。今日こそ心を入れかえて!
ともすればこんなふうに嘆き調、なじり調を繰り返しがちですが、そこを一工夫。
心の内で子どもに呼びかけます。
和行。
お母さん、よーく考えたのよ。
あなたはたびたび同じような忘れ物をするわね。今日も、またね。
子どものしている


子どもを入れてほしいということでしょうか。

母親が感激する同じような間違いをするたび、母さん、イライラしてもうしないようにしなさい!と繰り返したわね。あなたが忘れ物をしちゃって気分が悪い時に、母さんが文句を言ってますます気を悪くさせてしまってたことに、母さん今頃気づいたの。ゃーめたやめた。
これからは言うことばを変える。ことばを変えたら、言う私の気分も変わるはず。
そして、あなたの気分をますますひどくさせないようにもなるはずよそして、忘れ物であわてている子に手を差しのべます。

あっ、靴、脱がないでいいよ。これでしょ。せっかく宿題すませたのに、その宿題のプリントをここに置いたままだったから。ああ、渡してやれてよかった。気をつけてお行きな母さん、ありがとう!
子どもの顔はほころび、再び出かけて行く姿にも勢いがあることでしょう。
マイナスをプラスの出発点に忘れ物をした時の、本人のにがにがしさを読みとってやればいいのです。
それが第一と
考えれば、なんとなく肩の荷をおろせるのではないですか。
マイナス点の積み重ねだとしか思えないことでも、それをプラス点の材料にしてしまうという発想の仕方です。