子どもがそれをうらやましそうに見ています

子どもが秘めた大きな力

子どもだけに目を向けず自分の活動を充実させると、自然に周りに人が集まり子どもの世界も広がって、自分で判断できる子どもを育てていくでしょう。
このように、権威型の子育てにもいろいろありますが、気をつけなければいけないのは親は絶対的な権力を持っていて、子どもに対して何をやってもよいと信じている場合です。
しつけのためなら、暴力を振るったり、頭ごなしにどなったりしてもかまわないと考えるのは、今や父親よりも母親に多くなりました。

  • 母さんが怒
  • 子どもはいつも親たちを見つめています。
  • しつけも行き届いた家庭環境のしっかりした子

しつけを考える場合母子密着少子化で、母親のエネルギーが一人、二人の子にぶつけられたとき、逃げ場のない子どもの受ける抑圧は、相当なものでしょう。強い子の場合は、弱い者に向けてウサを晴らすことが多いですが、子どもに力のついた思春期以降に今度は親がしっぺ返しを受けることになりがちです。また弱い子、素直な子の場合にはいわゆるいい子として育つのですが、押しつけられたことをやっているうちに自分のやりたいことがわからなくなり、生きる力を失っていくでしょう。
親の権威によるしつけは必要です。しかし権力による押しつけは、子どもの幸せをつぶすのです流され型私たち日本人はみんなで一緒に弱いものです。赤信号、みんなで渡れば怖くない
に限らず、みんなが持ってるからみんながやってるからみんなが行くからという理由で何となくそうするべきなんだと思っている人の、なんと多いことでしょう。父親そっくりの男性と結婚することが多く

 

学習と一人ひとりに合わせるのがこれからのほんとう

貧しかった時代には、お隣はそうでも、うちではそれは無理ということがありましたし、清貧に甘んじる美意識が機能していました。しかし、急激な経済成長の時代に消費は美徳の規範がうえつけられ、人々は子どもに物を与えるのはよいことだととらえて疑わなくなりました。消費をあおるコマーシャルにのせられて、何でも人並みに……が行き過ぎると、子育てではマイナスに働きます。
学校で怪我をした。
幼稚園が一つの高い理想をもって
子どもにみんな持ってるよとねだられれば、買ってあげないと、お友だちがいなくなってしまうかもしれないと心配になり、ついつい買い与えてしまう親も多いもの。よほど確固とした信念を持っていなければ、ほとんどのお母さんは多かれ少なかれ流され型の傾向を持っているといえます。
最近の新米お母さんたちの心強い味方といえば育児雑誌の数々です。慣れない育児の初めの一歩を、専門の先生の丁寧なアドバイスや、先輩ママの体験談が勇気づけ、可愛らしいベビー服や便利なベビー用品のページは、一人でもんもんとしているお母さんにとって何よりの息抜きにもなっています。
流行に敏感な母親たちは、育児雑誌のファッションページに刺激され、着せ替え人形よろしく子どもの全身を特定のブランドで固めるのに全力投球。これは流され型の顕著な例です。

 

子どもはますます悪くなっていきます。

可愛い子どもに可愛らしい服を着せたいと思うのは自然ですが、見た目の可愛さを保つことに懸命になるあまり、服を汚すような遊びを片っ端から規制したり、基本的なしつけには無頓着だったりするのは、あきらかに行き過ぎです幼い子どもがお人形かペットのように扱われることに慣れてしまうのも、やがて分不相応なお金をかけた過剰なおしゃれをしなければ気がすまないような中·高生に成長していくのも、おそろしいことではないでしょうか。
もう一つ、流され型で多いのが、お受験ママに代表される、早期教育に走るお母さんたちです。子どもの数は減っているのに、国立·私立小学校の人気は高まるばかりまさに
流されているのです。
かつてはお坊ちゃん
お嬢さまが行くものだった有名小学校は、プライドが高く、ブランド志向のお母さんたちには憧れの的です。いじめ学級崩壊といった公立校の荒れが追い風となって、お受験を意識した幼児教室は花盛り。

子どもに借金と利子の概念を教えるとき

お受験は目指さなくても、ちまたには胎教から始まって乳幼児の知能を伸ばすとうたうおもちゃや絵本情報があふれ、多くの母親はいつの間にかわが子を一歩リードさせたいという思いにかられていきます。
あこがまた、果たせなかった自分の夢を子どもに託して、英語や音楽などの早期教育に熱を入れるお母さんもいます。才能と適性が一致してその道で成功していく子どももいるにはいますが、それはごくまれな例。ほとんどの子どもにとっては、過大な期待が負担になるものです社会のなかで評価されて生きてきた女性が、子育てのために家事·育児に専念したとき子どもを通して自分を認められたいと思うのは当然かもしれません。一人·二人の子に全エネルギーを傾けて暮らすお母さんたちは、不況のなかでも、絶好のお客様。まだまだ元気なおじいちゃん·おばぁちゃんたちの応援もあって、子ども服やおもちゃ、幼児教育産業に、お金も時間もつぎこんでいます。でも、子どもたちが本当に欲しいものは、もっと違うところにあるのではないでしょうか。
放任型日本の伝統的な子育ては放任型でした。


父親そっくりの男性と結婚することが多く 子供はベストを尽くしているのです。 子どもがそれをうらやましそうに見ています