子供たちと接触する時間が少なかったのです

子どもの前で決してやるべきではない。

もちろん、やめなければならないと気づいてもすぐにはやめられません。
もうそれが習慣になっているのですからでも、せめてそれを言いそうになった時、言い方をこう変えてみることからはじめて〈ださい。子どもの前で「言われても平気で聞き流す癖が身についちやったのは、空返事ばかりさせすぎたせい。親が間違ってた」
と、ぽつんと言いきりにするのです。
これは、子どもに分からせようとすることばでなく、しゃんと自分に言い聞かせて、自分自身が深くうなずくべきことばなのです実際、自分ではっきり口にしてみると、子どもも「おやつ、どうしたのかな?
案外と自分自身がドキンとしますよ母さん、なんだか違ったことを言ったぞ」
と気づいて、いつものように聞き流しておれず、ふと新鮮な気持ちが心によぎったりします。
先生に教えられたというこの言葉をすべて

悪い習慣から抜け出すコツは、抜け出そうと心に誓った以上、その後すぐ誓いを破って元の習慣に戻ったからといって、自分をいちいち責めないこと。そのことが肝心なのです。
何度も何度も元に戻り、また何度も何度も繰り返すことが、肝心なのです。
悪癖から抜け出すには、悪癖から抜け出そうという努力の営みを、それこそそれがよい習慣になって身につくまで回を重ねていけばよいのです。誓いを破る回数より一回だけ多く誓いをたて直すことです。まさに七転び八起き
をたて直せばいいのです。七千回転んだら七千と1回起きるのです。習慣は、続けるうちに自然と身につくものだと確信し直しておくことでしょうか。
七回誓いを破ったら、八回誓い

学校でのでき事


母親が乗ってきた。

「私の言うことなど聞いたためしがない、と思っていたのに、あれ、宿題やったんだ。たとえ1題でもそれ、やったのね。へえ、やるじゃない。九題のうち1題でも、やったのはやったこと。あなた、やってるわよ。聞いたためしがないなんて、もう言わない。一題で..。
少しずつ変えればいいのよ。
少しずつ、自然に」
たとえほんの少しであってもプラスをプラスと認めることを、親自身が習慣にすることですね。それで、親も子もがうれしくなっちゃいますね。心にうれしさがふとにじむことが、気付け薬。これほどよく効く薬は他にありません。
子どもと過ごす時間の少なさを埋めあわせよう

子どもにやらせる

発育の遅れだと心配した時

いらだたせ、落ちこませた以前、こんな相談がありました。
姉二人はそんな心配などありませんでした弟はそれに比べると、明らかに違うのです。ことばが遅い。一歳半になってもカタコトすら言いはじめない。その頃は、まだ気にもとめていませんでした。
11歳になっても、ニコニコしているばかりで一向にことばで何かを伝えようとはせず、いささか気になっていました。しかし、保健所の三歳児健診ではさほどの異常はない。ことばの遅れについては様子を見ましょうということでした。
至ってのびやかな表情で、二人の姉たちの陰にいつもくっついていて、親もつい心がほころぶ思いでしたが、あまりにもことばが出ないので次第に気がかりになりました。


先生たちだけの運動会をしよう。

子供にもページを見せながら最初

何か刺激を与えなくてはならないと
おはようは?
ありがとう、と言うのよ
と、家族の誰もが執拗に声をかけるようになりました。それでも一向に効果がないものだから、ますますいらだちや不審や軽蔑や心配が募りました。するとこの子のにこやかさがともすればかげりがちになって、むっつり不機嫌で余計に押し黙る感じになってしまったのです発達の大きな個人差私は以上の経過を聞いて、あせらず待ってみなさいとすすめました。
やがて、母親が涙ぐんでやってきて、三歳十カ月になったある日、「カタコトを言ってと誰もが大声をあげたほどの一語文を、いったん出はじめると、たちまち二語文になり、る」
劇的にしゃべりはじめたというのです。
ことばの羅列ばかりで助詞などが欠落こそしていますが、数語で構成された表現にまでわずか数週間で成長したのでした。
発達速度、発達のきっかけなどには、ぎないことです個人差がすごくあるようですね。
あまり気にしす育児書などの標準や平均値に比べて遅い早いと一喜一憂しすぎるのは、わが子の成長の自然なリズムをこわしかねないのです。
学校のものと通信

子どもをぎゅっと抱けなくて悩んだといいます。


子どもと距離があるぶん理性的な接し方をする

そのこと自体が学習障害LDや注意欠陥多動性障害ADHD自然にのびのび子どもらしく、と心がけているのに、平均的な順調さで成長しない子ど軽度の発達障害を持っている場合がもの中には、ありますしつけや家庭環境のせいとはいえない、図形を捉えるのがどうも遅れている、とか、学校へ行くようになっても、どうも文字が覚えづらい、遊びのルールが守れないという子どもの中には、専門の療育士が診ると、少し学習障害LDがあるとみられる子どもがいます。一定の場所に落ち着いているよう命じると分かったと了解するものの、部屋を出てしまったり、変な高い所に上がってしまったりなどの注意欠陥多動性障害ADHDがみられる子。あるいは知的に高い能力があると親に目を見はらせるわりに、本がいっまでも読めないとか、答えても答えても同じ質問を繰り返すとか、相手が誰であるかに関心を示さないなどの、少し自閉症気
味の子どももいます。
そういう子どもを悪い子いけない子とみなして、善悪の道義をわきまえさせようと、やたらと言い聞かせ、きかないと叩くとか、何か罰を与える。ところが親がやっきになると、親のその異常さがかえって子の落ち着きのなさを高めるだけなのです。

  • 先生のいいところをほめること今
  • 母親の態度がたせるのですね。
  • 子どものとき引っ越したからなぁ