父親そっくりの男性と結婚することが多く

子どもの私のほうがずっと大変でしたよ。

なかすが、二、三カ月もたつと、母乳の需要と供給のバランスがとれて、授乳の間隔はあいてきます。規則的な授乳ができるようになる頃から、赤ちゃんの泣く理由も、寝ぐずりや甘えなどが多くなります。生体リズムから来るのか、毎日同じ頃に激しく泣く赤ちゃんもいます。泣いたらおっぱいの時期は卒業なのですが、すぐにおとなしくなるからとついつい飲ませてしまいがち。私たちNMS研究会の調査一九九八年、有効回答数一一二五でも授乳について
泣かれると与えていた母親はなるべく規則的に与えていたを上回り五一·五パーセント。半数を超えていました。
同じ調査で、抱っこについて尋ねたところ、泣かれると抱くようにしていたが六六.五パーセントで、抱いてばかりいた九·五パーセントと合わせると、実に四分の三の母親が
泣いたら抱っこの子育てをしてきたことになります。
学校体制では詰め込み主義

子どもが健やかにいられるよう

先生になるための素質として大切だからである。

赤ちゃんにはスキンシップが大切愛されているという安心感が子どもの心を育てますと耳にタコができるほど聞かされている今のお母さんたちの多くは、疑うことなくできる限り抱いてあげようと努めているのです。
赤ちゃんが泣き止まないのは自分のせいではないかと考えたり、下ろすと泣くので家事も食事も片手で赤ちゃんを抱いたまま、と自分を追い込んでしまっているお母さんもいますしかし、赤ちゃんは泣くのが当たり前。特に十人に一人は、生まれつき気難しく泣くことの多い赤ちゃんだと言われています。泣くことで心肺機能も鍛えられるのですから、少しおおらかにかまえていてよいのです。


子どもの気持を聞いてやるべき時
子どもの気持を聞いてやるべき時

子どもの言いなりにジャブジャブと買い与えるという

子供の情操抱っこがすべてではない赤ちゃんを安心させること、泣いたらすぐに応じることは確かに大切です。泣いても泣いても何の反応もないことが繰り返されたら、赤ちゃんは周りの人とコミュニケーションをとれるようにならないばかりか、順調な発育を望めないでしょう。
でもそれは、いつでも抱き上げなさいということではありません。声をかけながら寄っていき、おむつが汚れていないか、授乳時間ではないか、暑すぎないか、痛いところやか話をしてくれている
ということは十分に伝わります。
特に不快なところがなければ、眠いのにうまく寝つけず、ぐずっているのかもしれません。おっぱいや抱っこで寝かしつけるのは簡単ですが、身体の一部をトントンしたり、おでこを撫でたりすると落ち着いて眠ることも多いもの。家事の手をはなせずにちょっと
待っててね
と言っているうちに眠ってしまった、なんて話もよくあります。一人で寝かす習慣をつけるのと、抱っこやおっぱいで寝かしていくのとでは、1歳を過ぎてからの子育ての大変さがまるで違ったものになります。小さなうちから、寝ぐずりのときはできるだけ抱っこはしないで寝つくのを見守るようにしていきたいものです。
伸びていなかったのです。子供をどんな人間知恵のついてきた赤ちゃんは、同じ場所にじっと寝かされているのに飽きたのかもしれません。姿勢を変えてあげたり、場所を移して、違う景色や音、感触に出合わせてあげると、気分が変わります。時間のあるときには、歌を歌ってあげたり、手足を触りながら話しかけたりという、抱っこ以外のコミュニケーションもいいものです。忙しいときにはお仕事が終わるまで待っててねと待たせることも大切。しばらく泣いているかもしれませんが、そのうちに一人で遊び始めます。
甘え泣き
には工夫して泣くとお母さんがやってきてくれることを知った赤ちゃんは、次第に相手をしてもらいたくて泣くようになります。初めのうちは目の合ったときに甘えて泣いていたのが、五カ月くらいになるとお母さんを呼び寄せるために意識的に泣いていることが見て取れるようになってきます。この頃には、お腹が空いて泣いているのかそうでないのか、お母さんにはわかるはずですから、むやみにおっぱいやジュースを与えるのは、正しい食生活の基盤を作るためにも避けるべきです。

父親に屈折した思いを抱い

空腹でないのに口にものを入れて泣き止ませるというのは、赤ちゃんを理解したやり方とはいえません。
まずはクッションを使って座らせてあげたり、興味を引きそうなものを持たせたり、赤ちゃんが退屈しないですむように工夫。普段から外へ連れていったり、ほかの子どもたちに出会わせたり、お母さんばかりに関心が向かないようにすることも大切です夜中に泣いた場合には、異状がないかチェックしたら、あとはなるべく話しかけずにもう、おやすみと離れること。
伸びていなかったのです。


いじめられそれが問題になったことがありました。
いじめられそれが問題になったことがありました。

子どもは親がなにかをいう間黙っていていい終

五分たってもまだ泣き止みそうになかったら、もう一度だけ様子を見に行って、その後はそっとしておく。激しく泣き続けたときには、湯冷ましを飲ませたり、着替えさせたりしてもかまわないけれども、さっと済ませる。日本の住宅事情では、夜中に泣かせておくのはなかなかつらいのですが、これが
夜は寝なければいけないんだと教えるには、いちばん近道なのです赤ちゃんが王様
言うことをきかない子
へのスタート1歳前後になると、今度はダダをこねたり、かんしゃくを起こして泣くことがでてきます。そんなとき、涙に負けて子どもの言いなりになってはいけないのはもちろんですが、叱りつけたり、なだめようとしていろいろ言ってきかせるのも実は逆効果。叱られるのであっても、お母さんに注目してもらえるのであれば、また同じ行動をとるようになるからです。一度言ってもきかなければ離れて見守り、泣き止んでから穏やかに話しかけたほうがよいのですいずれにしても、
泣いたら要求が通った.かまってもらえたという経験を積めば、赤ちゃんはよく泣くようになるものです。

母親にさえならなければ