父親はたいそう腕の立つ鍛冶職人

父親が坐る場所が決まっているかどうか尋ねたところ

私たちの子どもというのは、感情と意志を持った成長する生き物なのですから。これは単純明快な事実なのですが、このことを忘れてしまっている母親のなんと多いことでしょうか。
親しき仲に礼儀なし
のお母さんKさんは夫と二人でレストランを経営しています。レストランといっても都会風のしやれた店ではなく、昔からある大衆向けの洋食屋さんといったほうがいいでしょう。ホール係と皿洗いに人も雇っていますが、調理場は夫と二人だけで切り盛りしていますから、昼時と夜の七時頃の忙しさといったらありません。もうもうと煙の立つなかで、フライパンを振るっているKさんの姿があります。
Kさんは調理人として夫の大事な右腕であるだけでなく、二人の女の子のお母さんでもありました。長女のやす子ちゃんは、勉強のできるしっかりした子なのですが、背が低く太っている女の子でした。このことがKさんには気に入らず、いつもイライラのタネになっているようでした。
やす子ちゃんを連れて買い物中、同級生の母子連れに出会ったりすると、
幼稚園に入るときから有名

幼稚園へ行く

勉強はなるべく離した方がよい。

「お宅の子はいいねえ、スマートでさ。うちの子ときたひにゃぁ、この図体で。まったくやんなるよ」。
人前で母親にけなされて、やす子ちゃんも負けてはいません。何言ってんだよ。親に似たんだよ。娘に言われるまでもなく、Kさんは身長が一五0センチ足らずしかなく、しかもはちきれんばかりの胸と大きなお尻をしているので、ますます太って見えるのです。でもKさんは娘の言うことを無視して、さらにお前はよう、少しはやせる努力をしろよ
と追い討ちをかけるのでした。
やす子ちゃんの仲良し三人組とその母親たちで昼食を取っていたときのことです。お前はもう食うな。そのくらいにしておけよと、食べている最中のやす子ちゃんに向かってKさんが叫びました。


子どもに読み聞かせする
子どもに読み聞かせする

子供のタイプは千差万別である。

父親と違う何を子に語るべきお腹空いているもん、食うよと、気の強いやす子ちゃんは、いつものように母親に言い返します。まったく、ガツガツ食うと太るんだよ。お前はと、Kさんはぶつぶつ言っています。
なかすKさんは、よほどやす子ちゃんに太った子になってもらいたくなかったのでしょう。このKさんの願望が、Kさんの容貌に対するコンプレックスからきているのは、誰の目にも明らかなことですKさんはスマートになりたいという、かなわぬ夢をずっと持ち続けていて、せめて娘にはこの夢をかなえてほしかったのだと思います。
父親そっくりの男性と結婚することが多く教育をダメようぼう
きっぷのよさが裏目に娘に自分の言いたいことをポンポンと投げつけるKさんは、きっぷのいい姉御肌の人です。客あしらいもうまく、常連客とは丁々発止でやりあっていて、はたにいる者をいつも笑わせていますこうしたKさんの性格は客商売にはうってつけなのですが、母親としては子どもに言い過ぎになってしまうのは否めません。わが子に託す夢と自分の性格があいまって、子どもの欠点をあからさまに指摘するようになってしまいました。
デブで困るよ!もうそれ以上食うな!と母親から言われるときのやす子ちゃんが嬉しそうにしているはずがありません。かといって消え入るように小さくなっているわけでもありません。何ともいえない白けた表情で、母親に対抗するのですが、これができるのは、やす子ちゃんがもともと勝気な性格の子だからであって、気の弱い子なら劣等感を抱えてしまうところです。
娘が一方的に傷つKさんが言いたい放題の母親でも、けられるということは避けられたのでした。
やす子ちゃんの性格が幸いして、やす子ちゃんは母親の前ではやせる努力をしているように振る舞いながら、陰にでも、回って反対のことをする子になっていきました。

子供にどういう

やす子ちゃんと友だちの一人で夏休みの宿題の写生をするために、車で十分ほどの自然植物園に出かけたときのことです。運転の上手なKさんが二人を送っていったのですが車から下ろすときに「やす子、お前はスポーツドリンクを飲むんだぞ。ジュースは飲むんじゃないよ」と飲み物の指定をしたのです。うんとやす子ちゃんは答えました。
のど写生に飽きて、喉が渇いた二人が自動販売機で飲み物を買おうとしたとき、一緒の友だちは当然やす子ちゃんがスポーツドリンクを買うものと思っていました。でもやす子ちゃんが手にしたのは、お母さんに禁止されているジュースだったのです。
一時が万事で、やす子ちゃんは母親に隠れて自分の欲求を満足させるようになっていました。
母さんといっしょ


母さんがこのようにお父さんを立てていれば
母さんがこのようにお父さんを立てていれば

母さんの不用心な一言がきっかけとなるケース

その姿にはむしろ、言われたことはしないというはっきりした意志が潜んでいるように見えました。
思春期に言うことをきかない子
にやす子ちゃんは利発な子なので、Kさんは教育熱心な親でもありました。小学校三年のときから大手の進学塾に通わせ、地元では指折りの私立の女子校に合格させました。やす子ちゃんが中学生になって1年くらいたった頃でしょうか。Kさんは思春期のやす子ちゃんの対応に苦慮するようになったのです。
部活で遅くなっているものとばかり思っていると、帰りの遅いやす子ちゃんは、実は盛り場を遊び歩いている、ということがわかりました。しかも男の子とつきあっているらしいのです。問いただそうとすると、うるさい、ゴチャゴチャ言うな!と言うなり、自分の部屋に逃げ込んで、出てこようとしません。
この時期からやす子ちゃんの必死の抵抗が始まったのです。お母さんとは必要以上には口をきかなくなり、Kさんが例によってまくしたてても、知らんぷりで聞く耳を持ちませんわが子を
自分のものととらえがちな母親は、言えないようなことまでも平気で言ってのけます。

父親との思い出

成長したのでした。

子どもを自分の分身と考えて特別の感情を込めて

作りかけのキリンは幼稚園から帰ってくそのままにしておいてあげるからと言って、周りのブロックだけ片づけさせ、幼
稚園バスにはきちんと乗せればよいのです。
時計の針の位置を教える三歳の芳江ちゃんは、お友だちの奈保子ちゃんの家で遊んでいます。三時半になったとき、お母さんは芳江ちゃんにもうすぐ四時になるからお片づけして帰ろうねと言いました。芳江ちゃんはまだまだ遊びたそうな顔をしていましたが、四時になったときお母さんに時計を見せられて四時になったもの、お約束よねと言われると、お片づけを始めて帰る支度をしました。
奈保子ちゃんのお母さんもよその家にお邪魔したとき、最近では芳江ちゃんのお母さんまねのやり方を真似ています。というのは、帰るのを嫌がって五時過ぎまでいるお友だちもいかるのですが、そんな親子に限っておもちゃは散らかしっぱなし、そんなときは夕飯、お風呂が遅くなって一日のリズムが狂ってしまうので、くないと、常々思っていたからです。
母親の存在は非常に大きなものと言えるのです。

子どもは育たないのだ

子どもに問題行動が生ずることさえもあります。

自分はよその家にあんな迷惑をかけた芳江ちゃんのお母さんは、幼稚園へ行く八時半とお昼の十二時と夕方四時を芳江ちゃんに教えていました。最初はおもちゃの時計で、針の位置を教えました。
八時半はちょっと大変でしたが、おもちゃの時計をあらかじめ八時半にしておいて、本物の時計が八時半になると「ほら、こっちの時計と同じ八時半になったでしょ。幼稚園へ行こうね」と、繰り返し教えているうちに芳江ちゃんは覚えたのです。夜、床に就く時刻も八時半なので、好都合でした。
十二時を教える前には、お腹が空いたまだ食べたくないという芳江ちゃんの気分に左右されて、お昼ご飯が早くなったり遅くなったりしていました。


子どもの気持ちに即座に応えていれば
子どもの気持ちに即座に応えていれば

勉強家のお父さんがいる。

子どもは九時大人はそれ以上起きていてけれど、十二時を教えてからというもの、芳江ちゃんは多少お腹が空いても待てるようになりましたし、十二時になるとお昼ご飯だと、自分からテーブルに座ることもありますこのように、一日の生活リズムを守るために大切な時刻を、子どもにわかりやすく教えておくと、約束事としての時間のルールを理解できるようになります。理解できるようになると、お母さんにいちいち言われなくても、子どもが自分で気づいて行動することができるようになるのです。子どもは母親が思っているよりも、はるかに理解力があるのです。
時にはルール破りの楽しさをルールがあるからこそルール破りの楽しさがある1さんはとても身体が弱く、二人の子どもをしょっちゅう外へ連れ出して遊ばせることはできませんでした。
父親はたいそう腕の立つ鍛冶職人子どもの持つ底知れぬ力発展性に驚愕しました。でも、絵画教室で子どもを教えていた経験から、子どもたちのエネルギーをうまく発散させることが必要なことは知っていました。
そこでスペースが広くとれる壁に大きな模造紙を貼って、そこだけにはクレヨン、サインペンで何を描いてもよいということにしました。ですから、雨が降り続いたり、1さんの身体の調子が悪い日には、子どもたちの絵でいっぱいになった模造紙の上に、さらに何も描かれていない模造紙が貼られるのでした。
少し大きくなると、椅子に登って高いところに描いてもよいことにしました。子どもたちにとっては、それがまた大きな楽しみになりました。絵を描くというより、椅子に登ったり降りたりして、自分より大きな紙に色を塗ったり、線を引いたりするだけでもワクワクするのです。

育てるくわすき

もちろん、1さんは
それはおかしいわ、こう描いたらいいんじゃない?というようなことは一言も言いません。
一度、子どもたちが決められた壁以外の壁に絵を描いたとき、1さんはビシッと叱りました。それ以来子どもたちは、その模造紙が貼ってある壁以外の壁にイタズラ描きをするようなことはしなくなり、模造紙が貼っていないときは、自分たちからお母さん、紙貼ってと言いに来るようになりました。
父親そっくりの男性と結婚することが多く


母さんが病気のとき
母さんが病気のとき

勉強するべき時に一生懸命努力しておけば

もし、これがどの壁にも描いてよいということでしたら、子どもたちは描いていい壁の前に立ってもワクワクするようなことはなかったでしょう。本当は壁に描いてはいけないというルールがあるからこそ、紙が貼ってあるこの壁だけはよいことが特別なことになるのです。そして、単なるイタズラ描き以上の心持ちで、その壁の前に立つことになるのです前の日の模造紙がそのまま貼ってあるときは、その絵を前にして、子どもたちがたどたどしい言葉でいろいろ絵の説明をしてくれることもありました。ーさんも子どもたちの絵から、何となく子どもたちの心の状態がわかったし、その模造紙が貼ってあるだけで、親子の心の交流ができたのです。
どの壁に描いてもよいとしたら、親子の心の交流どころではありません。

経験をしたの。