勉強もしたらよい。

母さんの顔はバラの花

丹念に片づけをFさんはキャスターの付いた、色違いの大きな籠を用意し、色ごとに赤は、ぬいぐるみ用黄色はおままごとというふうに大まかに分けて入れるように教えました。そして
片づけの時間になると「まいちゃん、もうすぐご飯だからお片づけしよう。どっちが早くできるかママと競争ね」
ヨーイ、ドン﹂。Fさんは、子どもの興味をそそるようにして習慣づけをしていきました。
キャスターのついた籠は、引き出しのように途中で中の物が引っかかってしまうこともありませんし、幼い子どもの力でも比較的簡単に動かせます。またおもちゃが散らかっている場所に籠を移動して、ポンポンと入れるだけなので小さい子でも上手に片づけができます。
子どもはほっとします。

経験の持ち主も少なくないでしょう。

父親はもっと真の姿

Fさんのように物心つく前から、子どもが片づけをしやすいように工夫をすることで少しずつ自分で片づける習慣がついていきますが幼い子がひとりで片づけができるようになるには、毎日の積み重ねが大切ですし、-1をかけて気長に教えていかなければなりません。
だらしないクセ
は伝染するだらしない子を育てないためのコツは、何と言つても母親がきちんと片づけるようにすることです。母親と一緒に過ごす時間が多い子どもにとって、お母さんのやっていることが見本となります。母親がいつも使ったものをその場に置きっぱなしにしているのに、子どもにまた散らかしっぱなしと言っても真実味がありません。子どもをしつけるには最低限、使ったものはすぐに片づけたり、家のなかをある程度きちんと整理するなど親の努力も必要でしょう。
せいとんもっともいくら親がきれい好きで、家のなかをいつもきちんと整理整頓していても、子どもは同じようにはできません。子どもに完全を求めるのは無理なこと。


子育てはどんなに楽になるでしよう。
子育てはどんなに楽になるでしよう。

教育をすることによって人格形成に非常に大

子どもたちに教えるためです。ある程度できたら、思いっきり誉めてあげるようにすると、子どもにまた頑張って片づけようという気持ちが生まれてきます。
個性と同じように片づけも、得意な人と、苦手な人がいます。子どもの才能は無限です。
親がきちんと片づけの習慣をつけていないために、だらしない子に育ってしまうこともあります。
どんなしつけにも行き過ぎは禁物ですが、子どものうちからできるだけ、
散らかしっぱなしにしないような習慣をつけてあげることは、その子が楽しく生活する力をつけるために、大切なことだと思います。
大切な生活リズムまずは生活リズムの立て直しを朝はぎりぎりまで寝ていて遅刻の常習犯という子が、クラスには必ずいるものです。そういう子どもの多くは、小さいときから親と一緒に夜遅くまで起きているのです。
母さんといっしょ子どもが身を固くしているのですね。先生、キムタクと00、とうとう別れちゃったねなんて、夜、九時、十時台の恋愛ドラマの話を先生としてしまうという保育園児、幼稚園児も、最近では珍しくありません。そういう子どもに限って、午前中はぼーっとしているのですが、お昼ご飯が終わって午後になると、がぜん元気になります。保育園などで早く園に来る子のなかには、本来、午前中は外遊びの時間なのに、眠たがってまずは寝かさないとダメという子までいるほどです。
こういう子どもたちは生活の時間帯がずれているので、時間を守る·守らない以前に社会一般の生活時間に身体がついていかないのです。ですから、早く起きなさいとどなって言うことをきかせようとするのではなく、まずは生活リズムを立て直すことが先決です子どものやりたいままにやらせていると豊君は朝食を終え、夢中でブロックで遊んでいます。

母親の手を取り払おう

もうすぐ幼稚園バスが来るから、ブロックで遊ぶのやめようね
と、お母さんが言いました「今、君の返事を聞いて、キリン作っているんだよ。
まだ完成していないんだ。
もうちょっとだけ」
そのまま遊ばせておきました。
という豊お母さんは幼稚園バスを見送って、豊君は大人が考えもつかない自由な発想で、ブロックを使って動物を作るのがとても上手でした。それにお母さんは、子どもは遊びで育つと考えていましたから、せっかく豊君が集中しているのだからと、時間を守らせる努力をせずに、そのまま遊ばせておくことが多いのですしばらくすると、豊君は遊ぶのをやめて幼稚園へ行くと言い出しました。
学校えらびに自分


子どもの話に耳を傾けるという
子どもの話に耳を傾けるという

保育園暮らしに慣れてはきたものなにもかも遅い

お母さんは豊君を車に乗せて、幼稚園へ。幼稚園へ着くと、教室では皆が座って、先生はこれから折る折り紙の説明を終わったところでしたお母さんは家に帰ると、自分が歯医者の予約をしていたのを思い出しました。朝一番に予約していたので、もう三十分も過ぎていました。せっかく取った予約だったのに、電話でキャンセルしました。
豊君のお母さんは、豊君が自分のやりたいことを時間かまわずやることが、中力を伸ばすのに役立つと思い込んでいます。目一杯好きなことをやった分、幼稚園に遅刻して人に迷惑をかけても、結局はプラスだと考えているのです。
想像力や集少しくらいしかし、皆が皆自分の好きなことをやって時間を守らなかったら、社会生活が成り立ちません。好きなことをやって遅れるのだったらよいと、お母さん自身が正当化してしまっては、子どもに規律を守る習慣はつきません。
では、るまで、この場合どうしたらよいのでしょうか。

育てている方