子供は自分がこうすれば

子供は退屈なだけかも知れません。

母親は授乳やおむつの世話はしても、しっけの責任者ではなく、子どもたちは自然の厳しさに揉まれて育ち、奉公先でしつけ·教育を受けて社会人となっていったのです。放任型の親は、子どもにうるさがられることもぁりませんから、ときおりの受容だけが温かく思い出されるもの。戦前の日本の母親のイメージがうかんできます。
しかし、急激な社会変化で子育ての責任は母親の肩に背負わされるようになるとともに子どもたちの育つ環境もすっかり変わってしまいました。母子密着に陥りやすい現代では放任型の子育てのよい面にとかく目が行きますが、豊かな社会のなかでの放任は子どもを野放図に育ててしまわないよう、十分な注意が必要です。

  • 教育方針をお決めになって
  • 子どもだって自分のメンツがこわれないよう
  • 伸ばすと思います。

母さんは食器を戸棚にきちん放任型の代表は、子どもをどのように育てたいか、自分自身の考えを持っていないために、子どもの生活に無頓着なお母さん。おおらかでのんきなのはいいけれど、子どもの
生活環境を整えようという気はさらさらなく、大人の生活に巻き込んでいくので、夜更かしは当たり前、食べるものはスナック菓子やインスタント食品。明るく楽しそうな家庭ですが、成りゆき任せの無責任では健康な生活は望めません。
子どもたちは親と仲のよい友だちのようですし、少なくとも神経質に悩む大人にはならないでしょう。しかし、この社会のなかで自分を律して生きていく力をつけるには、生活リズムや食生活に最低限の気配りが必要だと、親は認識するべきです。
また、新しいタイプの放任型のお母さんもいます。子供はベストを尽くしているのです。

 

しつけの問題だと言われてしまえば

まだまだ娘気分が強く、を育てることについても自分自身の生き方についても深く考えたことのないまま、を産み、子育ては自分の母親に任せきっているケースです子ども子ども結婚しても子どもを産んでさえも、両親に甘え、独身気分のまま買い物を楽しんだり友だちと会ったりするなんて、一昔前なら非難の的となったことでしょう。しかし、老後は息子夫婦よりも実の娘のそばで暮らしたい、と言う人も多くなってきました。今や、元気いっぱいで、他にこれといった生きがいもなくエネルギーをもて余している祖母世代がかいがいしく孫育てを楽しんでいる場合も珍しくないのです育児の主体がおばあちゃんにとって代わられたので、お母さん自身は子どもをペットのように、自分の都合にあわせて可愛がっていればすんでしまうのですが、ここから、新しい形のバアちゃん育ちの子が育っていくに違いありません。
教育の一つのありようはというとまず私
子どもはいつの間にか育って
そしてまた、依存していた自分の親を頼ることのできない日が突然訪れたとき、若いお母さんが子どもを抱えて右往左往、という例も見かけます。何でもやってくれるからと放任していると、いざというときがおそろしいと心にとめておきましょう。
一方、同じ放任とは言っても、あまりにも忙しく働いているために、かけることができないお母さんもいます。
子どもに手を朝は戦争のような騒ぎで子どもをせきたて、保育園に連れていく。帰りも電車に飛び乗ってお迎えにかけつけ、大急ぎで買い物、食事の支度、夕食、お風呂と夜は夜で時間との闘い。

 

母さんがほめてくれる

あわただしい毎日のなかではしつけなど考える暇もなく、子どもはいつの間にか育ってしまった、というのがこのタイプのお母さんの実感でしょう。
しかし、こうしたお母さんたちは手をかけすぎて子どもをダメにしてしまう心配はありません。それどころか子どもたちは、忙しい母親の背中を目にし、保育園で揉まれながら何でも一人でやらなければならないことを覚えて、たいていたくましく育っていくようです子どもと過ごす時間の少なさを埋めあわせようと、ついつい物やお金を与えてしまうお母さんもなかにはいますが、時間は短くても子どもの心を育てる母子関係をつくることはできます。

教育がないという話になったそうです。

負い目を感じることはないのです母親のなかには、あえて放任型の子育てを選んだほうがよいという場合も少なくありません。家事·育児では満たされないタイプの人たちです。
活動的で、他人のなかで忙しく働いているときこそ活き活きしている女性が、無理して子育てを優先させるのは、必ずしも子どものためによいことではありません。家事以外にしたいことのある人、バイタリティ-あふれる人を、家のなかに閉じ込めるのは、火山にふたをするようなもの。はけぐちのないエネルギーは子どもに向かい、果ては自分に向かい、悲惨な結末を迎えることになりかねません。
自分のやりたいことをあきらめて、あるいは家事や人の世話をするのが好きではないの
に、家事·育児に専念する生活をしていると、感情がいらだって、叱らなくていいことでも子どもを叱りつけてしまうようになります。


子供はベストを尽くしているのです。 成長したのでした。 母親の存在は非常に大きなものと言えるのです。

成長したのでした。

子どもを自分の分身と考えて特別の感情を込めて

作りかけのキリンは幼稚園から帰ってくそのままにしておいてあげるからと言って、周りのブロックだけ片づけさせ、幼
稚園バスにはきちんと乗せればよいのです。
時計の針の位置を教える三歳の芳江ちゃんは、お友だちの奈保子ちゃんの家で遊んでいます。三時半になったとき、お母さんは芳江ちゃんにもうすぐ四時になるからお片づけして帰ろうねと言いました。芳江ちゃんはまだまだ遊びたそうな顔をしていましたが、四時になったときお母さんに時計を見せられて四時になったもの、お約束よねと言われると、お片づけを始めて帰る支度をしました。
奈保子ちゃんのお母さんもよその家にお邪魔したとき、最近では芳江ちゃんのお母さんまねのやり方を真似ています。というのは、帰るのを嫌がって五時過ぎまでいるお友だちもいかるのですが、そんな親子に限っておもちゃは散らかしっぱなし、そんなときは夕飯、お風呂が遅くなって一日のリズムが狂ってしまうので、くないと、常々思っていたからです。
母親の存在は非常に大きなものと言えるのです。

子どもは育たないのだ

子どもに問題行動が生ずることさえもあります。

自分はよその家にあんな迷惑をかけた芳江ちゃんのお母さんは、幼稚園へ行く八時半とお昼の十二時と夕方四時を芳江ちゃんに教えていました。最初はおもちゃの時計で、針の位置を教えました。
八時半はちょっと大変でしたが、おもちゃの時計をあらかじめ八時半にしておいて、本物の時計が八時半になると「ほら、こっちの時計と同じ八時半になったでしょ。幼稚園へ行こうね」と、繰り返し教えているうちに芳江ちゃんは覚えたのです。夜、床に就く時刻も八時半なので、好都合でした。
十二時を教える前には、お腹が空いたまだ食べたくないという芳江ちゃんの気分に左右されて、お昼ご飯が早くなったり遅くなったりしていました。


子どもの気持ちに即座に応えていれば
子どもの気持ちに即座に応えていれば

勉強家のお父さんがいる。

子どもは九時大人はそれ以上起きていてけれど、十二時を教えてからというもの、芳江ちゃんは多少お腹が空いても待てるようになりましたし、十二時になるとお昼ご飯だと、自分からテーブルに座ることもありますこのように、一日の生活リズムを守るために大切な時刻を、子どもにわかりやすく教えておくと、約束事としての時間のルールを理解できるようになります。理解できるようになると、お母さんにいちいち言われなくても、子どもが自分で気づいて行動することができるようになるのです。子どもは母親が思っているよりも、はるかに理解力があるのです。
時にはルール破りの楽しさをルールがあるからこそルール破りの楽しさがある1さんはとても身体が弱く、二人の子どもをしょっちゅう外へ連れ出して遊ばせることはできませんでした。
父親はたいそう腕の立つ鍛冶職人子どもの持つ底知れぬ力発展性に驚愕しました。でも、絵画教室で子どもを教えていた経験から、子どもたちのエネルギーをうまく発散させることが必要なことは知っていました。
そこでスペースが広くとれる壁に大きな模造紙を貼って、そこだけにはクレヨン、サインペンで何を描いてもよいということにしました。ですから、雨が降り続いたり、1さんの身体の調子が悪い日には、子どもたちの絵でいっぱいになった模造紙の上に、さらに何も描かれていない模造紙が貼られるのでした。
少し大きくなると、椅子に登って高いところに描いてもよいことにしました。子どもたちにとっては、それがまた大きな楽しみになりました。絵を描くというより、椅子に登ったり降りたりして、自分より大きな紙に色を塗ったり、線を引いたりするだけでもワクワクするのです。

育てるくわすき

もちろん、1さんは
それはおかしいわ、こう描いたらいいんじゃない?というようなことは一言も言いません。
一度、子どもたちが決められた壁以外の壁に絵を描いたとき、1さんはビシッと叱りました。それ以来子どもたちは、その模造紙が貼ってある壁以外の壁にイタズラ描きをするようなことはしなくなり、模造紙が貼っていないときは、自分たちからお母さん、紙貼ってと言いに来るようになりました。
父親そっくりの男性と結婚することが多く


母さんが病気のとき
母さんが病気のとき

勉強するべき時に一生懸命努力しておけば

もし、これがどの壁にも描いてよいということでしたら、子どもたちは描いていい壁の前に立ってもワクワクするようなことはなかったでしょう。本当は壁に描いてはいけないというルールがあるからこそ、紙が貼ってあるこの壁だけはよいことが特別なことになるのです。そして、単なるイタズラ描き以上の心持ちで、その壁の前に立つことになるのです前の日の模造紙がそのまま貼ってあるときは、その絵を前にして、子どもたちがたどたどしい言葉でいろいろ絵の説明をしてくれることもありました。ーさんも子どもたちの絵から、何となく子どもたちの心の状態がわかったし、その模造紙が貼ってあるだけで、親子の心の交流ができたのです。
どの壁に描いてもよいとしたら、親子の心の交流どころではありません。

経験をしたの。

子どもと過ごす時間の少なさを埋めあわせよう

母さんがいてもいい

そう思えたのはきっと、母が私の話を必ず最後まで聞いてから、私の意見に反論したり、叱ったからだと思うのです。
小さいうちは厳しく、大きくなったら子どもに責任を不思議なことに、小学校三年生の頃から私の性格は一転しました。わがままだった私の性格は、子どもの言いなりにならない母によって徹底的にしつけられ、素直になれない性格は、母に受け入れられることで、心を開くようになったのですそしてその頃から、今まで厳しく私をしつけてきた母も一転しました。

  • 教育になると思うのにたしかに男
  • 先生から親が叱られると。
  • 母さんも知らないふりをして一緒に調べるのです。

体験を持っています。よほど悪いことでない限り、私のやることにあまり口を出さなくなりました。私が失敗することが予測できても、あえて口を出さず我慢をしていたようです。母の忍耐力には今でも感心させられます。さらに自由とは常に責任が伴うものであるということを教えてくれました。
やるからには最後まで自分で責任をとりなさい。それができないのであれば、やってはいけなと動物園に行きたいと言う弟を、私が代わりに連れて行ってもよいかと頼んだときも母は二人とも最後まで頑張れるんだったら、行ってみなさいと許してくれたものです当時、私は小学校二年生、弟は幼稚園の年長児で、自宅から動物園まではバスと電車を使って四十五分くらいの距離でした。学校のものと通信

 

母さんの中にはバーのホステスがたくさんいるのです

母は交通費プラス多少のお昼代と、「何かわからないことがあった場合は、周りの方に教えていただきなさい」という注意を与え、私たちの姿が見えなくなるまで見送りました。
動物園ではご機嫌だった弟も、帰る頃になると眠くなったせいか、露店で売っているおもちゃが欲しいと駄々をこねます。残りのお金は帰りの交通費しかないと話しても、言うことをきかない弟。しまいには泣き疲れて眠った弟を背負ってモノレールの最終地点から上野駅までの間を歩くはめに。
子どもも親を信頼
子供にとって耐えられる限界を超してしまう。
重くて自分が泣きたいところでしたが、母がよく言っている自由には責任が伴うという言葉を思い出して、なんとか家まで帰ったのです。無事に帰ってきた私たちを母はとても誉めてくれたので、私は自信と達成感を覚えたものでし六ほおしゃれに興味を持ち始める小学校五年生の頃には、私は自分の服を自由に買わせてもらえるようになりました。最初に一人で洋服を買いに行ったときのことは、今でもよく覚えていますが、母は私に「これで自分の好きな服を買いなさい。ただしこれ以上は絶対にあげないから、よく考えて買いなさいね」と1万円をくれました。当時、アイドル歌手が
着ていたハマトラというスタイルが流行しており、ロシャツとハイソックスを買って帰りました。

 

大学行ってサラリーマンになって

私はハマトラスタイルのスカートとポ初めてにしては上出来ね
買ってきたものを見せると笑っていました。
と母はケチをつけることもなく人間って不思議なもので好きにしなさいと言われると、そう道を外さないものなのか、私は母に自分で決めなさいと言われるほど、母を裏切るようなことはすまいと思ったものです。
母になっても修業中母は人の話を本当によく聞いてくれる人でしたが、進路や就職、結婚について相談しても、自分の道は自分で決めなさいと言って、最終決断は私自身にさせるように仕向けました。参考意見は述べてはくれるものの、自分の意見を私に押しつけるようなことはありませんでした。

父親として環境を整えてやるようにしたい。

私が念願のマイホームを購入したときも、母に相談をしたところ、相変わらずはあなたたちだから、自分たちがよいと思うのならばいいんじゃないとの返答。

住むの私は誰かに背中を押してもらいたかったので、正直言って母の返事には不満でした。
入居後に物が入ると狭い!と言った私に、母は私だったらマンションは買わないわと一言。そう思ってるのなら、なぜ買う前に言ってくれないの!と私は本気で腹が立ったものです。母は「だって私とあなたは状況も価値観も違うのだから、あなたたち夫婦がいいと思ったものに口出しするべきではないからよ。それに人の意見に左右されて買った場合は、何か気にいらないことがあると人のせいにするものよ」とピシャリ。
私は腹の虫が収まらず、親友にグチをこぼすと、彼女が相変わらず、お母さんは凄いねーと母の肩を持つので驚きました。
うちの親は子どもを信頼していないのか、今でも親の意見を私に押しつけてくるわよ。お母さんは今でも、自分のことは自分で決めて責任をとるようあなたを鍛えているのね。あなたはまだ修業中なんだ!


学校のものと通信 子供たちと接触する時間が少なかったのです 子どもと過ごす時間の少なさを埋めあわせよう